ジャパン・フード・セレクション とは

ジャパン・フード・セレクションとは、日本初の食品・食材評価制度です。
1 万人のフードアナリストが選ぶ
業界関係者ではなく消費者が選んだ食品・食材。
日本人の繊細な味覚、嗜好性、感性、食文化に配慮した評価。
厳格なファイアーウォールと公正・中立な審査体制
大手メーカーの食品および地方の食材(旬の食材・加工品・飲料・生鮮食品含む)ならびに健康食品、輸入基準を満たした輸入食品。
ロゴマークは日本地図をデザインして日本から世界へ発信を強調。